BLOG

ブログ

  • TOPTOP
  • 結婚式二次会のスーツの掟|間違いない着こなしのマナーとは?

結婚式二次会のスーツの掟|間違いない着こなしのマナーとは?

結婚式二次会のスーツの掟|間違いない着こなしのマナーとは?

1.結婚式2次会のスーツ

結婚式・披露宴に引き続き、結婚式の二次会に出席することになったり、結婚式二次会からの出席を打診されることがあると思います。結婚式二次会は式の時ほどドレスコードは厳しくないといわれますが、フォーマルな服がいいのか、カジュアルでいいのか迷うところですよね。今回は、結婚式二次会の着こなしについて詳しくお伝えします。

 

■結婚式に次回のスーツの定番

 
二次会の場合、結婚式のように決められたものはありませんが、二次会のドレスコードが指定されていない限りスーツスタイルが一般的。ネイビー、ダークグレーなどのダークスーツ、ブラックスーツだとまず間違いないです。
 
もし、二次会にドレスコードがあればその指示に従いましょう。よく使われるドレスコードとして、「平服で」「インフォーマルで」「スマートカジュアルで」と言われることがありますが、これらすべては「普段着で」という意味ではなく、礼装ではなくていいですよという意味です。
 
華美過ぎない略した礼装、つまりダークスーツ、ブラックスーツが最も適した服装といえます。結婚式二次会は新郎新婦をお祝いする席ですから、服装にも礼を尽くしたいですよね。
 

■結婚式二次会でのスーツの着こなし

 

実は、二次会が行われる会場によって、パーティの雰囲気が少し変わってきます。
二次会定番のスーツスタイルで出席したとしても、場の雰囲気に沿っていなければ浮いてしまう可能性があります。そのため、事前に二次会の会場や、二次会に招待されているゲストの雰囲気をチェックしておくことが無難です。
 

・二次会がホテルのパーティルーム、高級レストランで行われる場合

この場合は、スタンダードなフォーマルスーツスタイルが一番。スリーピースまたはツーピースのダークスーツに光沢感のあるネクタイ、チーフなどを合わせては?渋く決めた大人の男のスタイルで、新郎新婦の門出を祝いましょう。

・ダイニングバー、レストラン、クルーズなどで行われる場合

この場合は、ややくだけたフォーマルスタイルがおすすめ。基本はツーピースのスーツスタイルで、フォーマルでは使えなかったサックスブルー、ピンクなどの爽やかな色のシャツを合わせてみては?ドットやストライプなどのネクタイ、遊び心のあるチーフなど、小物を上手に取り入れて。

・ライブハウス、カラオケ、居酒屋などで行われる場合

カジュアルな場所で行われる二次会の場合、カジュアルな服装でOK。ですが、普段着、ジーンズや革ジャンなどカジュアルすぎる服装は気を付けましょう。あくまでもお祝いの席のため、ジャケット・パンツのスタイルが無難です。たとえば、ジャケット、チノパンなどカジュアルでありつつも、「きちんと感」があるスタイルはどうでしょうか?

このようなカジュアルの場では、場合によってノーネクタイOKのことも。しかし、会場の雰囲気もあるので、ネクタイを持参するのがベターです。

・二次会のゲストをチェック

二次会にどんなゲストが来るのか事前に新郎新婦に聞き、それに合わせた服装を考えるというのも良い方法です。

例えば、披露宴のゲストの大半が引き続き二次会に出席するならば、フォーマルな服装のままでの二次会になりそうです。その場合は、自分もフォーマルな服装で出席したほうが場の雰囲気を損ないません。一方、友人のみの二次会の場合は、もう少しくだけたスタイルでの二次会になりそうですよね。
 
結婚式準備に忙しい新郎新婦に声をかけるのはちょっと気が引けますが、少し時間を取ってもらって二次会のゲストについて聞いておきましょう。

・自分が披露宴から引き続き二次会に出席する場合

もし、結婚披露宴から引き続き二次会に出席するのであれば、全く同じ服装でも大丈夫。ですが、二次会というせっかくの気の置けない場ですから、雰囲気を変えてオシャレ感upのためにもネクタイやチーフに変化をつけてみてはどうでしょうか? 

タイは、結婚式と同じように白やシルバーでもOKですが、派手にならない程度で色や柄などを取り入れても大丈夫です。その場合、殺生を連想させるアニマル柄、不幸を連想させる黒は避けましょう。二次会は結婚式とは違い小物使いで遊べます。ネクタイピン、ポケットチーフなどに自分のこだわりを入れてみるのもいいかもしれません。
 

2.結婚式二次会のスーツの揃え方

 
結婚式二次会にお呼ばれされた場合、新しいブランドスーツなどかっこよくキメて出席したいところですが、ご祝儀など他にも色々と準備しなければなりませんし、正直、お財布事情も大きく関わってきますよね。
ここでは、結婚式二次会のスーツの揃え方について考えてみました。
 

■手持ちのスーツに小物で工夫

 
もし、ダークスーツを既に持っているのであれば、小物の工夫次第で結婚式二次会にじゅうぶん使えるのではないでしょうか?例えば、シャツの色を工夫したり、ネクタイを華やかな雰囲気にしたり、今流行りの蝶ネクタイに変えてみるだけで雰囲気がガラッと変わります。
 
もちろん、手持ちのスーツを着用する場合、ビジネススーツはマナー違反!使い込んだ感があるスーツもぜひ避けてくださいね。クタクタなスーツで出席するのは華やかな場にはふさわしくないですよね。
 

■スーツレンタルで借りる

 

普段スーツを着る機会がない場合、結婚式二次会のためだけにスーツを揃えるというのは、ちょっと…と思ってしまいますよね。そのような場合、スーツレンタルでスーツ一式を借りてみてはどうでしょうか?
 
スーツレンタルのお店では、憧れのブランドスーツからお手頃スーツまで各種を取り揃えていますので、お財布の状況に合わせられるのがうれしいです。さらに、実際に試着出来るので自分の体型に合ったスーツを選べ、裾上げ等対応してくれます。価格はスーツの種類にもよりますが、だいたい2万円前後からのようです。
 
また、ネットオーダー型のスーツレンタルもあります。ネットオーダー型スーツレンタルは試着が出来ない代わりにお得な価格でスーツを借りられるので、自分のサイズがしっかりとわかっている場合はオススメです。
 

■店舗で買う

 
結婚式二次会のスーツは、結婚式の時のように厳密な服装のルールはありません。TPOをわきまえたものならば、基本的になんでも大丈夫です。セレクトショップで揃える、大型量販店で揃える、はたまたオーダーメードで自分にピッタリの一点もののスーツを作ってしまうのも手です。スーツを購入する場合は、ご自分の体型にあったもので、キレイにシルエットが出るものを選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?
結婚式二次会は、基本的にダークスーツでTPOから外れなければまずは心配いりません。もし、不安ならば、事前に新郎新婦に二次会について聞いてみたり、同じように二次会に招待されている友人や同僚に聞いてみるのも手です。
その場の雰囲気に合った装いを心がけて、新郎新婦の新たな出発を心からお祝いしましょう。